コンパクトな景品がおすすめ

チケットを渡そう

どの景品を用意すれば良いのか迷ったら、遊園地などのチケットを選択しましょう。
チケットなら性別を問わず、どの世代からも喜ばれると思います。
他にも温泉のチケットなど、需要が高いものを考えてください。
カタログギフトを選択しても良いかもしれません。
カタログギフトは、もらった本人が好きなものをカタログから選び、注文するという仕組みです。

もらった人の好みに合わせることができるため、確実に喜ばれるものを渡せるでしょう。
カタログギフトは安いものから高いものまであるので、予算を踏まえて選んでください。
カタログギフトも施設のチケットも、有効期限があります。
期限内に使わなければいけないのでトラブルを避けるため、当たった人に渡す際は、その旨をきちんと伝えましょう。

邪魔にならないサイズ

施設のチケットは非常にコンパクトで、景品向きだと言われています。
景品を選択する際は、サイズが大きくならないよう意識してください。
大きい景品は、持ち帰るのが大変になります。
イベントではお酒を飲むので、バスや電車などの公共機関を使う人も多いです。
そのような人は大きな家電を持って、公共交通機関に乗り込むのは抵抗を感じると思います。

そのため、一般的なカバンに入るサイズを選びましょう。
カバンを持ってきていない人のために、袋を用意することも忘れないでください。
手頃なサイズで、簡単に持ち帰ることができる景品なら需要があります。
ネットで景品を探している時は、実物を見られません。
ページに書かれているサイズをよく見て、大きくないか判断しましょう。


▲ TOPへ戻る